元塾講師のお金をかけない家庭塾

乳幼児への家庭教育

【おすすめ絵本】読み聞かせ図書【8月前期】

 

読み聞かせ図書

今回借りた本

今回借りたのはこちらの14冊。↓

私は今回図書館へ行くことができなかったので夫が子供と借りてきてくれました。

  1. あるひ そらから さんかくが
  2. ぼく、あぶらぜみ
  3. サイレンカー
  4. いろいろ ばぁ
  5. つららが ぽーっとん
  6. かず
  7. ぶたさんじるし こぶたちゃん
  8. うさこちゃんの だんす
  9. うさこちゃんの ゆめ
  10. わたし たしざん できるの
  11. かぞえてみよう
  12. さーかす
  13. 機関車 トーマス
  14. なかよし いっしょ こぶたちゃん

f:id:kateijyuku:20190820211115j:plain

 

f:id:kateijyuku:20190820211144j:plain

なぜかミッフィ―シリーズを5冊。実はファンだった?

 

子供が気に入った本

①あるひ そらから さんかくが

f:id:kateijyuku:20190820214242j:plain

こちらは「空から三角・四角・丸が降ってきて、それぞれが恐竜になる」という内容の絵本。

シンプルで良い本です。

「サンガジラー!!̻シカクドンー!」と名前を憶えて真似?をしていました。

風木一人さんの絵本は以前「おやゆびさん」を読んだことがあります。

おやゆびさん (たんぽぽえほんシリーズ)

おやゆびさん (たんぽぽえほんシリーズ)

  • 作者: 風木一人,ひろかわさえこ
  • 出版社/メーカー: 鈴木出版
  • 発売日: 2012/05/01
  • メディア: 大型本

 これも良い本でした。

 

②サイレンカー

サイレンカー (ポプラディア大図鑑WONDA超はっけんのりもの大図鑑)

サイレンカー (ポプラディア大図鑑WONDA超はっけんのりもの大図鑑)

  • 作者: 小賀野実
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2017/02/04
  • メディア: 大型本 

長男にはまだまだ難しい内容でしたが、乗り物好き男子にとっては写真だけで大満足だったようです。

 

③いろいろ ばぁ

いろいろ ばあ (いろいろばあシリーズ)

いろいろ ばあ (いろいろばあシリーズ)

  • 作者: 新井洋行
  • 出版社/メーカー: えほんの杜
  • 発売日: 2011/07/01
  • メディア: 単行本 

 まぜたら何色になるかな?を学ぶのにとても良い本。

この本を読んだ後に実際に絵具を一緒に混ぜて遊びました。

この「いろいろばぁ」はシリーズになっています。↓

もっといろいろ ばあ (いろいろばあシリーズ)

もっといろいろ ばあ (いろいろばあシリーズ)

  • 作者: 新井洋行
  • 出版社/メーカー: えほんの杜
  • 発売日: 2012/07/01
  • メディア: 単行本 
にこにこばあ (いろいろばあシリーズ)

にこにこばあ (いろいろばあシリーズ)

  • 作者: 新井洋行
  • 出版社/メーカー: えほんの杜
  • 発売日: 2017/07/20
  • メディア: 単行本 

 図書館で探してみます。

私が気になった本

①ぼく、あぶらぜみ

ぼく、あぶらぜみ (かがくのとも絵本)

ぼく、あぶらぜみ (かがくのとも絵本)

  • 作者: 得田之久,たかはしきよし
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2008/06/15
  • メディア: ハードカバー 

セミが卵から成虫になるまでを分かりやすく描いた一冊。

 

この本を借りている期間中に、たまたまセミの抜け殻を発見し子供に見せることができました。

その時に初めて、セミの鳴いている木の根元にいくつもある穴ぼこが、実際にセミが出てきた穴だということを知りました。

セミが土から出てくることは知っていましたが、こんな街中の土の中にいたの?という驚き。

冷静に考えれば当然のことなのですが、なんだか今まで考えてもみませんでした。

f:id:kateijyuku:20190820212856j:plain

この手は虫が得意な母の手。

私は虫がかなり苦手です。セミの抜け殻も触れません。

それでも最近は子供に見せたい気持ちが勝ってきたのか、カマキリやバッタを見つけると子供と一緒に近くで観察するようになりました。

まだ触ることはできませんが、子供が虫好きになったら頑張ります。

 

②かず

f:id:kateijyuku:20190820215358j:plain

とても気に入りました。数の概念を伝えるのにとても良い本です。

指を使って色々な物の数を数える内容です。

長男はこの絵本で指を使って数を表すことができるようになりました。

もう1度図書館で借りたいと思います。

 

③かぞえてみよう

かぞえてみよう (ブルーナの絵本)

かぞえてみよう (ブルーナの絵本)

  • 作者: ディック・ブルーナ
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2018/02/07
  • メディア: 単行本 

ディック・ブルーナさんのミッフィ―(うさこちゃん)シリーズ。

単純に数を数えていくだけの絵本なのですが、数唱するときに見せるとよく食いつきました。

ミッフィ―シリーズは多すぎて揃える気になりませんが、ブルーナさんの絵は和みますね。

長男がミッフィ―を気に入ったようなので、ミッフィーミュージアムや遊び場はどこかないのかなと調べてみましたが、日本国内にはあまりないのですね。

残念。

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます♪